コラム 第26回

さて、コラムは本題に戻ります。
自ら進んで勉強に取り組む。そういう子たちの仲間入りをするために、勉強嫌いな子たちがくぐるべきは、どのような入り口なのでしょうか。


勉強するのがイヤなら、勉強しないほうがいい。……と、先のコラムでは書いてきました。それが、まぎれもない私の本音、正しい勉強との向き合い方だと思っています。
しかし、本当に不思議なのですが、勉強には“しない言い訳”よりも“しなきゃいけない言い訳”がたくさん揃っていて、それを意識せずにはいられないというのが、こどもたちの多くにとっても実際です。


「『しなさい』って言われてするのはイヤだ。ツマラナイ。」
これは、勉強“しない言い訳”の代表例の一つですが、「だったら、“しなきゃいけない”と分かっている勉強を、自分の思うままに進めましょう。」というのが、やはり私の回答になります。
そして、とにかく続けられるように「ハードルは下げまくれ!」とも伝えます。みんな重い! 重い重い重いっ!!というのが私の考えです。


『小さな習慣』スティーヴン・ガイズ(著)/田口未和(翻訳)

この春刊行された上の書籍、皆さまの中にもネットや書店で見かけられた方がいらっしゃるかもしれません。なんだか、可愛さとゆるさの先行する表紙なのですが、こどもたちの習慣づくりにも役立つことが書かれていました。
●習慣化されていない行動をするときには、モチベーションや意志の力が必要だが、それがかえって「何かをするとき」の大きな障害になる。
●“小さな行動”による成功の繰り返しで自己肯定感が生まれ、自信となり、繰り返しが習慣になると、習慣化された行動が大好きな脳によってようやく「新しい変化」を受け入れられる。
……とまぁ、そんなことを脳の仕組みや潜在意識の法則とやらから、解説しています。


目標と達成について、「腕立て伏せは1回からでいい」と例が挙げられていたのですが、なるほど確かに!と感心しました。自分にとって重い目標を立て、腰が重くて持ち上がらない。そんなことを繰り返すくらいなら、「毎日1回」の方が先へ進みます
1を10にしていく試みよりも、0を1にすることのほうが大変だというのは教育分野にいて日々感じることです。それを、ハードルを思い切り下げることで、軽やかにスタートさせようというのです。「1回では、しょーもない」と考えてしまいがちですが、話題の“自己肯定感”はココで使うのですね。 


ここまで読んで物足りなさを感じる方も、忘れないでください。これは入り口です
でも、確実に能動的で、前向きな進路です。バカにしてはいけません。指示されてする学習なんかより、よっぽど後に活きてくる第一歩。それゆえ干渉無用口出し厳禁です。(そもそも勉強を管理・口出しされている子に、優秀な子はいません。これまでに、一人の例外も見ていません。)

試験直前の子でもなければ、慌てず、とりあえず3日間、“最小目標”を達成しながら過ごしてみてください。その後で「これじゃ、しょーもない」と本人が気づき、“最小卒業”と“次の目標”を決められれば、すばらしい! 3日間で我慢したのが「もう少し(勉強を)進めたい」という気持ちなら、嬉しいですね。
ただし、こどもたち諸君、ハードルは上げすぎないように! そして息苦しくなったら、“小さな目標”で成功した経験を思い出して、いつでも立ち返りましょう。勉強は楽しくなければいけません。







次回は、「では何をするのか」ということをテーマにお話しします。
もちろん自由、何でもいいんですけれどね、基本は(^^♪


【つづく】


※マーク先生は「“自己肯定感”を育てる」というのが大嫌い! これについては、また別に書きます。

コラム 第25回

今日は、「勉強しない」と頭を抱えてしまうような子についてです。


私のかつての同級生の中にも、もちろん勉強しない者はいました。「自勉」さえ気が向かない、「勉強」と付くかぎり遠ざかりたい、という者はいて当然です。同じ時間をもっと他のことに使いたい、という言い分の者もいたでしょう。それは、「まだ勉強する“時”ではなかった」ということです。

勉強をしたくなければ、何か他にしたいことを思い切りしたらいいのだと思います。その代わり、思い切りです。思い切り向き合えないのなら、それも心のどこかで「ちがう」と感じているものなのでしょう。そうしたら、それも止めて、本気のものに取り組んでください。見つからない?それなら、周囲の人間観察でも一生懸命にしてみてください。

ここで、“勉強しない子”も二手に分かれると思うのです。


一方は、勉強以外に本気で向き合えるものを見つける子。存分にそれをしましょう。夢中になれるものを持ったことのある子は、勉強する必要性に気が付けた時に、素直に勉強にのめりこむようになります。少しの遅れくらい、人生で気にする必要はありません。勉強しないなら、他のことを! 夢中になってかじりつくなら、それもアリなのです。

もう一方は、結果として勉強から逃げながら、でもどこかで勉強のことを意識している子です。他に本気になれるものの有る/無しに関わらず、思い切れずに勉強のことを心配しています。
時々、勉強のことは気になるけれど……本当は勉強したいけれど……などと前置きしながら「勉強するのがキライ」と私に向かって宣言してくれる子がいるのですが、ん~論理的ではありません。その前置きが正直なものならば、本当に「勉強がキライ」なのではなく、勉強方法(“勉強ってこういうもの”という考え)が間違っているのです。
型にはめられるのがイヤならば自由に、丁寧に教わって進むのがよければそのように、とにかく心の所望する通り、好きなように勉強すればいい。それは、能動的であるということです。

あ、勉強をしない子の第三派目がありました。何事も半端にして大切なことから逃げ回り、こころを腐らせる子です。素直さまで捨ててしまうと、そうなります。
これは、周囲の大人のせいというのが大きいでしょう。いい大人に出逢えていません。(本人たちが“何かのせい” “誰かのせい”にしてはいけませんが)
上にちらっと書きましたが“気が付く”、これは本当に大事なことです。塾生たちに「人生には〈早く気が付いた者勝ち〉の側面がある」と話すことがよくあります。本気になるのは、いつも何か“ハッとさせられる”ことがあった後です。ハッとできるのは、素直なときです。

赤毛のアン』には、主人公のアン・シャーリーが、ギルバート・ブライスと張り合い、勉強に打ち込む姿が描かれています。その彼女も夏休みは遊んで過ごし、新しいタームの到来とともにハッと気が付いて勉強に励み出すのです。実によく勉強します。 あぁ、アンにもステイシー先生という尊敬する人物がいたのでしたね!


【つづく】

赤毛のアン〈上〉 (偕成社文庫)
「赤毛のアン」が教えてくれた大切なこと
完訳赤毛のアンシリーズ 全10巻
少年少女 世界名作の森 全20巻・全巻セット (世界名作の森 全20巻)

コラム 第24回

私が小学6年生だったのは、23年前。そのときクラスを受け持ってくれた恩師に、この夏再会することができました。“日本一の先生に選ばれたことがある、自慢の先生です。
※どうやって選んだのか分かりません。ただ、もう定年退職されましたが、その前にも東京都小学校PTA協議会から再び表彰されることがあったようです。本当にいい先生でした。

その彼女が毎日(愛する!)教え子たちに課したのは自勉(じべん)でした。読んで字のごとく、自ら課題設定して進める勉強、それが宿題です。
学校で勉強したことの復習はもちろん、授業の面白かったところだけを切り取って理解を深めるのも、学習をどんどん先取りして自分勝手に進めるのも、何でも自由でした。

しかし、制約のない完全な自由って、むしろ息苦しいものなのです。初めは苦心しました。正確に言えば、始まって少しして苦労するようになりました。ただ、私たちの先生は、毎日提出される自勉の中からイイものをピックアップし、“クラスだより”にコメントと共に掲載してくれました。載った子は自信になる、それを見た子はヒントを得る、自分も採り上げられたいと燃える。そんなイイ空気がクラス全体にひろがっていました。

↑宮沢賢治「やまなし」を扱った自勉ノートから↓


前回の続きになりますが、「イヤだ」と思うことを勉強しても、覚えにも理解にもつながりにくく、意味がありません。時間をかけたのに成果につながらず落ち込む、そんな生徒たちの気持ちを私は100%理解しますが、どこかで「イヤだ」と思っているものには能力が発揮できないようになっているんです、多分。ですから、そのことで自信まで失ってはいけません。
自信は、本当に上達したい何かのために、取っておくべきです。その大切な自信を失うくらいなら「イヤなこと」をさせられてダメと判を押されそうになり、落ち込みそうにまでなっている現在の自分自身というものを、一度根底から疑ってみてください。勉強するのがイヤならば、勉強してはいけないのです。

【つづく】